第3回 お茶の間映画館  -諸事情により開催見送り

 第3回 お茶の間映画館 -諸事情により開催見送り

上映映画

Cu-Bop/キューバップ

cu-bop-txtcu-bop-txt

NYから禁断の祖国・キューバへ。一回だけの感動のセッションがはじまる─

『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキューバ音楽を活き活きと描き出してゆく。
会場ミナト芝生会場 大磯港内の芝生広場での屋外会場。大型スクリーンで野外フェスのような開放感のもと、音楽と映像を楽しめます。上映前には飲食ブースやビックバンドの演奏、監督挨拶などを楽しめます。 >>>会場詳細
会場今古今(こんここん) 60年以上前の電機部品工場をリノベーションして「日日食堂」と「今古今」というみんなが集まれるコミュニティスペースになりました。30日の当日は上映後に監督との座談会やカット映像公開など盛りだくさん。食事2500円ドリンク別(要予約) >>>会場詳細
日本/キューバ合作映画が米国・ロサンゼルスで奇跡のワールドプレミア上映
2014年の末に完成した本作は、2015年2月に米国・ロサンゼルスで行われた国際映画祭『PAN AFRICAN FILM FES』のオフィシャル・セレクション作品に選出。キューバが舞台となる自主制作映画でありながら、国交断絶中の米国・ロサンゼルスでワールドプレミア上映が行われる快挙を達成した。また、ナイジェリアで開催されるアフリカ最大 級の映画祭『African Movie Academy awards』等、多くの国際映画祭での招待上映が決定している。米国とキューバの国交正常化が急ピッチで進 むいま、ワールドワイドな規模で注目される作品である。
100人を越えるパトロンが結集、予算300万円の自主映画にアメリカが喝采した
完全な自主制作で作られた『Cu-Bop』は、創作の自由を貫くために製作資金集めも独自の方法によって行われた。ま ずは国内クラウドファウンディング最大手の一つ『キャンプファイヤー』にて、製作資金を公募、自主映画のクラウド ファウンディングとしては異例の、達成率200%、60万円の支援金が集められた。『キャンプファイヤー』の締め切り 後もyoutubeで予告編を観た音楽ファンから、映画の公式ブログへ「資金を提供したい」とのメッセージが多数寄せら れ、facebookとブログでクラウドファウンディングを再開。 リターン商品であるレーベルのCDが品切れとなり募集を 途中で打ち切る事態となった。最終的にトータル110人のパトロンから108万円の支援金が集まった。映画製作の総 予算は約300万円。LAのフェスティバル中の質疑応答で、監督が「ドネーション(寄付)で1万ドル、自分の出資で2万 ドル、合計3万ドルでこの映画を作った」と語ると、居合わせた観客、関係者から驚きの声と拍手喝采が起った。
アキューバ・ジャズ界の重要アーティスト達
 出演はセサル・ロペスと、彼が率いるキューバを代表するジャズバンド『アバナ・アンサンブル』。そして、2008年にキューバからアメリカ合衆国へ移住したピアニスト、アクセル・トスカと、彼がニューヨークで出会ったミュージシャンたちと結成したジャズバンド『(U)nity ユニティ』。  その他、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの新ピアニストとして活躍するロランド・ルナ、打楽器大国キューバを代表するパーカッショニストのアデル・ゴンサレスと、キューバを代表するミュージシャンたちが数多く出演している。  映画のラストには、ニューヨークへと渡った若き無頼派ピアニスト、アクセル・トスカのキューバ帰国ライブが収録されている。迎え打つのは天才サックス奏者セサル・ロペス。米国/キューバ両政府の正式な許可を得ないまま行われた異例のセッションは、どのような結末を迎えるのか。住む国が変わっても、関係なく熱く鳴り響く彼らの演奏に、耳を傾けてほしい。
監督からの挨拶
『Cu-Bop』監督の高橋です。この素敵な映画祭で皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています。 映画祭の期間中に『Cu-Bop』は2度上映されます。8月29日は大磯港の芝生広場にスクリーンを張っての野外上映。僕は製作スタート時から「波の音が聞こえる海辺で、皆でラム酒でも飲みながらこの映画を観てもらいたい」と思っていたので、その願いが叶ったかたちです。 8月30日はカフェ『今古今』で、映画を観てもらった後、皆さんの乱入トーク大歓迎のディスカッションを行います。映画について、キューバについて、ジャズについて…アツく語り合いましょう! この2日間を最高の‘祭り’にするため、皆さんぜひご来場ください。
製作年度2014年上映時間107分
監 督 高橋 慎一 製作国 日本・キューバ
チケットぴあでチケット購入【29日】 チケットぴあでチケット購入【30日】
Return Top