第3回 お茶の間映画館  -諸事情により開催見送り

 第3回 お茶の間映画館 -諸事情により開催見送り

上映映画

カンタ!ティモール

cu-bop-txtcu-bop-txt

弾丸が飛び交う中、人々は命をわけるように助け合い、そして笑い、歌った

当時23歳だった日本人女性監督は、人びととの暮らしの中で現地語を学び、彼らの歌に隠された本当の意味に触れてゆく。そして出会う、光をたたえるまなざし。 詩のようにつむがれる言葉の数々。それは観る者の胸をそっと貫き、決して消えない余韻となる。日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモールの闘いをとりあげた、国内初の長編ドキュメンタリー!
会場東光院 大磯で海に一番近い潮風香る歴史ある町のお寺。 荘厳な本堂で東ティモールの心の詩を >>>会場詳細
うたえ!ティモール
舞台は南海に浮かぶ神々の島、ティモール。ひとつの歌から始まった運命の旅が、音楽あふれるドキュメンタリー映画となった。この島を襲った悲劇と、それを生き抜いた軌跡の人びと。その姿が、世界に希望の光を投げかける。 日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモールの闘いをとりあげた、国内初の長編。自主映画ながらも感動は国境を越え、5カ国100ヶ所以上の試写会で会場が心を震わせた、愛すべきエチュード。
ストーリー
東ティモールで耳にした、ある青年の歌。日本帰国後もメロディが耳に残って離れない。監督たちは青年を探すために島へ戻る。そして一つの旅が始まった― 「ねぇ仲間たち ねぇ大人たち 僕らのあやまちを 大地は知っているよ」はこう始まっていた。直接的な言葉を歌えば命に危険が及ぶ、インドネシア軍治統制下にひっそりと歌われた歌だった。青年に連れられて、監督たちは島の奥へと入っていく。 そこに広がるのは、精霊たちと共にあるくらし。青い海、たわわに実るマンゴー、はじけるような笑顔の人々。常夏のおおきな太陽に照らされ、深い影を落とすのは、人々の命を奪った軍事侵略。報道にのらない地下資源ビジネス、日本の驚くべき行動。 3人に1人が命を落としながら、彼らが守り抜いたもの― 「悲しい。いつまでも悲しみは消えない。でもそれは怒りじゃない。怒りじゃないんだ。」 「人は空の星々と同じ 消えては 空を巡り また必ず 君に会える。」 弾丸が飛び交う中、人々は命をわけるように助け合い、そして笑い、歌った。天地に生かされ、輪になって踊る、遠く懐かしい風景。いつのまにか、ティモールの旅はそっと監督たちに問いかける。 愛すべきふるさと、日本の島々の姿を―
製作年度2012年上映時間110分
監 督 広田 奈津子 製作国 東ティモール・日本
チケットぴあでチケット購入【30日】
Return Top